「海のエコラベル」を知っていますか? - MSC日本事務所ブログ

MSC(海洋管理協議会)は、「海のエコラベル」を管理・推進し、持続可能な漁業の普及に取り組む国際NPOです。このブログでは、日本事務所から様々な情報を随時お伝えします。ぜひチェックしてください!

カテゴリ:漁業

宮城県気仙沼市に本社を置く株式会社臼福(うすふく)本店の大西洋クロマグロ漁業が、MSC(海洋管理協議会)の漁業認証の取得に向け本審査に入りました。独立した審査機関のControl Union Pesca 社により、MSCの漁業規準を満たすかが検討されます。今回の審査対象となるのは、 ...

こんにちは、MSC広報の青本です!皆さん、『生利節』って知っていますか?柔らかい鰹節・・とでもいいましょうか。この生利節、静岡県や三重県のあたりでは昔からよく食べられている食品なんです。このたびMSC認証漁業のひとつ、宮城の明豊漁業による持続可能なかつおが、昔 ...

2018年7月7日、日本カツオ学会が7回目の「カツオセミナー」を都内で開きました。カツオセミナーは、研究機関、大学、企業のカツオ関係者が、カツオの資源問題と食文化について話し合う場です。最近は、日本近海のカツオの来遊減少と資源管理が大きな話題となっています。まず ...

【海洋ジャーナリスト瀬戸内千代の「もっと知りたい!MSC」】 先日、明豊漁業(宮城県塩竈市)が新しく造った一本釣りの「第三十七明豊丸」を見てきました! 同社は、カツオとビンナガ(ビンチョウマグロ)の一本釣りでMSC漁業認証を取得しています。 松永賢治社長を焼津に ...

【海洋ジャーナリスト瀬戸内千代の「もっと知りたい!MSC」】 MSC(海洋管理協議会)とASC(水産養殖管理協議会)は2017年の秋、初めて共通の審査規準「海藻規準」を発表しました。海洋生態系における海藻の果たす役割が認識される一方、世界的に海藻生産が急速に伸びており ...

MSC漁業担当の高宮城です。 すっかり秋になり、涼しくなってきましたね。サンマもおいしい時期になりましたが、今のところ水揚げが芳しくないとのこと、漁模様が好転することを願っています。 さて今回は、先日中国の北京で行われ、キャパシティービルディング・ワークショッ ...

こんにちは。漁業担当の鈴木です。前回に続き、中国の水産業についてお伝えします。前回のブログでは、中国が新たな漁業管理制度を導入することによって持続可能な漁業に転換していこうとしている様子を紹介しました。もちろん、中国の漁業の現状は過剰漁獲が深刻な問題にな ...

こんにちは。漁業担当の鈴木です。今回は、『持続可能性に向かう中国の漁業とMSC』と題して、3回にわたって中国の水産業について紹介します。「中国の水産業と持続可能性」というと、「え?」と思う方も多いはずです。日本では、「中国漁船による違法操業のせいで日本近海か ...

【海洋ジャーナリスト瀬戸内千代の「もっと知りたい!MSC」】 こんにちは。海洋ジャーナリストの瀬戸内千代です。 昨日アップした前編では、明豊漁業の松永社長に、MSC認証を取得したその後についてお話を伺いました。 さらにこの日は、第三十五昇喜丸の指令室で、漁労長の ...

【海洋ジャーナリスト瀬戸内千代の「もっと知りたい!MSC」】 店頭に並ぶMSC「海のエコラベル」付きビンチョウマグロ ⓒMSC こんにちは。海洋ジャーナリストの瀬戸内千代です。日本初のMSC「海のエコラベル」付きビンチョウマグロのお刺身、もう味わいましたか?  今年7 ...

↑このページのトップヘ