こんにちは、MSC日本事務所スタッフです。

今日は、先日6月8日の世界海洋デーに合わせてグローバルで同時に発表された、「MSC環境インパクト報告書2019」の内容を簡単にご紹介します。
今すぐ詳しい内容が知りたい!という方は、MSC公式ウェブサイトのこちらのページをご覧ください。
MSC認証漁業は、2000年以降に1600以上の改善を行った

MSC環境インパクト報告書とは?

「MSC環境インパクト報告書」とは、MSC漁業認証を取得した漁業が行った取り組みが、海洋環境にどのような良い影響を与えたかを科学的データを元に紹介したもので、2年に一度発表されています。
今回の「MSC環境インパクト報告書2019」では、MSC認証を取得した漁業が、海洋環境への負荷を軽減するために行った改善措置の解析に焦点を当てています。

環境負荷の軽減のために漁業がとった行動

2016年から2018年の間に、MSC認証漁業は288の改善を行いました。 漁業の改善行動
  • 海底マッピングをはじめとした65件の研究活動プロジェクトに出資・参加
  • 混獲の削減を目的とした漁具の改善や、新たな海洋保護区創設のための24の技術改善を実施
  • 54件の漁業インパクト評価が完了。海底の魚の通る道筋を図面化し、保護が必要とされる脆弱な場所について比較検討して、漁業による影響を測定
こうした取り組みを解析することによって、イルカやクジラなどの海洋哺乳類、サメやエイ、ウミヘビやウミガメなどの海洋爬虫類、アホウドリやペリカンなどの海鳥、そしてサンゴや貝が密集する生息域の環境が改善されたということがわかりました。

米国のホンホッコクアカエビ漁業の改善

ユーラカン
例として、米国のホンホッコクアカエビ漁業は、網にLEDライトを使用し、絶滅危惧種であるユーラカンの混獲を削減するという改善を果たしました。
網につけられたLEDライト
網につけられたLEDライト

「MSC環境インパクト報告書」のさらに詳しい内容は、MSC公式ウェブサイトのこちらのページをご覧ください!

               

MSCに関する詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/jp
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan

東京都中央区日本橋兜町9-15 兜町住信ビル3階
03-5623-2846
MSCJapan@msc.org

               

MSC日本事務所のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB