前回の2018年振り返り🐟上半期🐟に続き、今回は2018年後半を振り返ります✨

7月・8月
イオンモール幕張新都心にて、「海のエコラベル」のPRイベント開催
イオンモール幕張新都心(千葉市美浜区)にて、MSCのPRイベントが開催されました。MSCアンバサダーのココリコ田中さんはじめとした吉本興業の芸人によるトークショーでは、MSCのプログラムディレクター・石井が登壇し、MSC認証について説明をしました。モール内で子供向けワークショップも開催されるなど、夏休み中の子どもさんから大人まで、たくさんの方が楽しみながらMSC認証について理解を深めていただきました。
3b3e8664

8月
臼福本店が大西洋クロマグロ漁業でMSC認証の審査入り
宮城県気仙沼市に本社を置く株式会社臼福(うすふく)本店の大西洋クロマグロ漁業が、MSC漁業認証の取得に向け本審査に入り。クロマグロ漁業としては初のMSC認証の本審査入りです。「海のエコラベル」のついたクロマグロ、待ち遠しいですね。
RS13_P_1092X_LOGO-scr

ジャパン・インターナショナル・シーフードショーに出展
夏の恒例、ジャパン・インターナショナル・シーフードショーに、MSCは本年も出展しました。期間中はMSCブースでMSC認証ちくわを使った試食も配布。
初日の22日には、MSCの漁業担当マネージャーの鈴木が、ASCジャパンの山本光治さんとともに「MSC・ASCセミナー」と題した場内の同時開催セミナーに登壇しました。参加者は約100名と昨年から倍増し、立ち見の方も多数の熱気あふれるセミナーとなりました。
eab57510

9月
マルハニチロが日本企業初「海のエコラベル」付きツナ缶発売
マルハニチロ株式会社が日本企業によるMSCエコラベル付きツナ缶「MSC認証 ツナフレーク まぐろ野菜スープ漬」を発売しました。MSC認証のキハダマグロが使用されています。

10月
サステナブル・シーフード・ウィーク2018 今年もさらに盛況 
10月13日から21日まで、サステナブル・シーフード・ウィーク2018が開催されました。5回目となる今年の協賛・賛同企業数は、昨年を上回る合計54社となりました(昨年は46社)。また、一般からのイベント参加者は350名近くとなり、多くの方にサステナブル・シーフードと知っていただく機会となりました。
13日京都市中央卸売市場にて行われたメインイベントは京都国際映画祭とのコラボレーション企画で、MSCアンバサダーココリコ田中直樹さんのほか、グランジ 大・椿鬼奴夫妻、門脇佳奈子さん、天津 向さんが登場。100名以上の方が参加しました。メインイベントに先駆け10月10日には、葛西臨海水族園にてプレイベント「サステナブル・シーフードについてのレクチャーとクイズ」が行われました。
SSW2018京都①トーク
メインイベントの様子

京都で行われたメインイベントのほか、全国5所でサブイベントが行われました

さらに、キャペーンに先駆け、葛西臨海水族園でプレイベントとしワークショップが開催され、200名以上の方に参加していただいています。

20日の親子料理教室は、MSCスペシャルサポーターのミス・アース東京代表の守田さんが参加し、報道関係者にも取材されました。また守田さんは同日、イオンスタイル品川シーサイドにて行われたMSC認証 骨取さばのレモンハーブ試食にも参加し、商品をPRしています。
IMG_1088
イオンスタイル品川シーサイドの店頭試食会でPRするミス・アース東京代表の守田さん

11月
楽天Earth Mall グランドオープン
11月29日(木)、楽天株式会社がSDGsの目標12「つくる責任つかう責任」への貢献を目指し、サステナブルな消費を提案する「Earth Mall with 楽天」をしました。「未来を変える買い物を。」のスローガンのもと、楽天市場で購入できる未来の環境、社会、経済に配慮してつくられた商品が紹介されます。
無題
2018年12月12日現在、食品12件・ペットフード104件のMSC認証製品が扱われていますが、今後さらに製品数は増える見込みです。

10月・12月
セブンプレミアム初!MSCエコラベル付き製品 販売開始
株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、10月29日より、全国のセブン‐イレブンやイトーヨーカドー等、セブン&アイグループ各店にて、セブンプレミアム初となる MSC認証の『セブンプレミアム 辛子明太子』の 4 品を順次発売しています。
『セブンプレミアム 辛子明太子』は、セブンアイ系列の各店展開されており、12月上旬には首都圏のセブンイレブン約2000店舗で販売始まりました。
840AB503

こうして時系列で並べてみると2018年、ほんとうに盛りだくさんな1年だったと実感しますね。
来年ももっとMSC「海のエコラベル」が広まるよう、日本事務所一同さらに頑張りますので、ご支・ご協力のほどよろしくお願いいたします。