2018年もあと少しですね✨

大手小売企業がサステナブルな水産物の取り扱いを増やすと発表したことや、東京オリンピック・パラリンピック開幕を2年後に控えたことで、国内でMSC のCoC認証を取得する企業が急増し、それに伴ってMSC「海のエコラベル」付き商品数も多くなりました。また鮮魚だけではなく、MSC「海のエコラベル」の付いた冷凍食品、加工食品なども発売されるようになりました✨
ことし1年でどんなことが起こったか、MSCの2018年を振り返ってみたいと思います。
まずは上半期!

1月
コンビニ初!ミニストップ MSCラベル付きおにぎりの販売開始 
ミニストップ株式会社が、MSCエコラベル付きおにぎりの販売を開始しました。MSC認証の持続可能な漁業で獲られた紅鮭を使用した「手巻きおにぎり 紅しゃけ」です。 「手巻きおにぎり 紅しゃけ」には、同社のロゴとともに、MSCのエコラベルが付けられています。コンビニエンスストアのロゴ入りの商品としては、本商品が国内初となりました。

2月
スーパーマーケットトレードショー2018にMSC出展
2月14日(水)から16日(金)まで、千葉県の幕張メッセにて、スーパーマーケット・トレードショー (SMTS) 2018が開催され、3日間で8万人を超える来訪者がありました。 MSC (海洋管理協議会) も出展しました。MSCブースでは、共立女子大学の林田ゼミ生13人が作成したMSC啓発ポスターが展示され、MSCを視覚的にアピールすることができました。
054dbd9c
photo credit@YokoAsano

3月
国内初!パナソニック㈱が社員食堂で認証水産物の導入開始
パナソニック株式会社が、今月より社員食堂でMSC認証の水産品の導入を開始します。これは、パナソニック社とWWFジャパンおよび関係サプライヤー企業の協業により実現したもので、企業が社員食堂で継続的に認証水産品を提供するのは国内で初めてのケースです。この協業に関連して、エームサービス株式会社と株式会社トーホーフードサービスもMSC/ASCのCoC認証を取得しました。
ff8dcead

北海道のホタテガイ漁業が再認証を取得
2013年に認証を取得した北海道のホタテガイ漁業が、昨年から行われていた2度目の審査を経て、MSCの再認証を取得しました。これにより今後5年間は認証が継続されることになります。

MSC20周年グローバルアンバサダーによるメディア夕食会
東京都渋谷区にあるレストラン eatrip にて「MSC認証取得サステナブルシーフード料理試食会」が開催され、約30名のメディア関係者が出席しました。
このイベントは、MSC20周年グローバルアンバサダーとして、世界中でサステナブルシーフードの啓蒙活動を行うオランダ人シェフBart van Olphen(バート・ファン・オルフェン)氏と、日本でサステナブルシーフードの普及活動を行うシェフグループ《Chefs for the Blue》の協働により実施されたものです。当日は、Van Olphen氏と《Chefs for the Blue》に所属する日本の若手トップシェフ達が初めてコラボレーションし、MSC認証の水産物を使った料理を振る舞いました。

IMG_6612
(photo credit@YokoAsano)

6月
ココリコ田中直樹さん、MSCアンバサダーに就任
MSCのアンバサダーに、芸能界随一の海洋生物好きであるお笑い芸人、ココリコ田中直樹さんが就任いたしました。アンバサダー就任式は6月の環境月間に合わせ、6月24日(日)に葛西臨海水族園で開催しました。
ココリコ田中さんは、海洋生物について造詣が深く、海の環境保全や海洋資源の持続性に関する様々な取り組みにも参加しています。今後は、MSCが主催するイベントやMSCのソーシャルメディアにMSCアンバサダーとして参加し、持続可能な水産物の重要性を発信していきます。
R-1DX_2671

そしてこの上半期の間、新たな「海のエコラベル」付き製品が続々発売されてました!
マルハニチロ株式会社 Ocean Blue 白身&タルタルソース

日本水産株式会社 
「今日のおかず  MSC  フィッシュフライ 特製タルタルソースのせ」

缶詰「デンマーク産 鯖水煮」、「デンマーク産 鯖オイル漬け」


●CO・OPフィッシュソーセージ

上半期だけで、こんなにたくさんの出来事があったんですね~・・
2018年振り返り 🐟下半期🐟』に続きます!