サステナブル・シーフード・ウィーク2018、サブイベント第二弾「サステナブル・シーフード レクチャー&クイズ」は名古屋市環境学習センター・エコパルなごやにて行われました✨
IMG_7434
photo credit/Yoko Asano 

本日参加してくれたのは、エコパルなごやのバーチャルスタジオで生物多様性について学んでいた、名古屋市立柳小学校の6年生の皆さんです✨ 

44082443_327619307999456_7234803497361735680_n
エコパルなごやのマスコットキャラクター・コパくんと一緒にバーチャルスタジオプログラム「⽣きもののつながりとわたしたち」を受講している柳小学校6年生のみんな。左側に写っているのが、環境のことを考える優しいおばけのコパくん。

こちらのバーチャルスタジオ内では、ひとりひとりにタブレット端末が貸与され、そちらを使ってクイズに答えたりすることができるんです
44277344_304442947055698_6475985692164882432_n
タブレット端末を使い自分の名前を登録する子どもたち

44265644_558775911246149_899960807184400384_n
タブレットで回答を入力すると、このように前方のスクリーンに表示されます。

バーチャルスタジオプログラム「⽣きもののつながりとわたしたち」では、いろいろな生き物たちがお互いにつながりあい、支えあって生きているということ、そして、⽣きもののすみかや命が減ってしまったことを学びます。バーチャルスタジオプログラム終盤では、「生き物を守るためにできること」のひとつとして、エコラベルがついた環境にやさしい商品を選ぶということが提言されています。もちろんMSC「海のエコラベル」も表示されていました🐟

44198832_282008429318101_5028585810811682816_n
MSC「海のエコラベル」も映像のなかで紹介されています!

さて、コパくんとのバーチャルスタジオプログラムが終わったら、サステナブルシーフードウィークのレクチャー&クイズです。生物多様性との繋がりも踏まえ、サステナブル・シーフードを選ぶことがどうして海の豊かさを守ることに繋がるのか、クイズを出しながら伝えました。

IMG_0046
皆真剣にMSC・ASCの紹介動画を見ています

IMG_0044
挨拶を行うMSC・ASCスタッフ

44247887_267587440611099_1216761082450804736_n
ノベルティグッズやお土産に大喜びする子どもたち

「世界で食べられる魚の量が増えている一方で、多くの魚種が獲られ過ぎの状態になっていると言われているなか、MSC「海のエコラベル」、ASCマークがついたサステナブル・シーフードを選ぶことが海の豊かさをまもることに繋がるんですよ。」
バーチャルスタジオプログラムで生物多様性について学んだあとだからか、そんなメッセージも子どもたちには伝わりやすかったようです。レクチャー後、子どもたちは「魚を守るために、スーパーでMSC・ASCのついたお魚を優先して買いたい!」「MSCやASCのマークがついた製品をスーパーで探して食べて、お友達にも教えてあげたい!」と言ってくれました。
未来を担う子どもたちからこんな言葉が聞けるとは・・とても心強いですね✨