こんにちは。広報の牧野です。
今週、スウェーデンのヴィクトリア皇太子が、国連大学でのシンポジウムご出席のため来日されました。
皇太子は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)のアドボケイトをされていますが、目標14「海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する」に特に関心を寄せられているそうで、今回の来日中はMSCに関係した催事が続きました。

4月19日(水)
P4190924
港区の国連大学にて開催された国際シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み – 海洋のサステイナビリティを中心に」で開会挨拶をするヴィクトリア皇太子。講演の中では、SDGsの目標14の達成にむけた消費者の力の重要性について触れられました。
P4190967
このシンポジウムの後半では、MSCから日本事務所の石井がパネリストとして登壇、皇太子のスピーチにあった「消費者の力」を活用するための有効な方法のひとつとして、MSC認証制度について紹介しました。

4月20日(木)
スウェーデン大使公邸にて、先日このブログでも告知した在日スウェーデン大使館主催の「SDGs 海の豊かさを守ろう ビデオコンテスト」の入賞者を招いてフィーカ(スウェーデン語でティーパーティのこと)が行われました。
SW001
MSC関連のビデオはあったのでしょうか・・?
入賞者については、スウェーデン大使館のウェブサイトにて発表されるようです。楽しみにしていましょう!

4月21日(金)
日本のMSC認証漁業に興味をお持ちになったヴィクトリア皇太子は、昨秋MSCの漁業認証を取得した宮城県塩釜市の明豊漁業の本社を訪問しました。
2017_04_21_0478
認証を取得した2隻の一本釣り漁船は、遠洋漁業のため航海時期が2ヶ月近くと長く、この時期に塩釜港に停泊はしていなかったのですが、皇太子は、この漁業で獲られたカツオとビンナガを加工する㈱明豊の工場を熱心に見学されていました。
2017_04_21_0221

MSCブログからは、コントリビューターの2人がそれぞれ現場で取材をしています。
フードライター・浅野さんが大使公邸のティーパーティー、海洋ジャーナリスト・瀬戸内さんが国連のシンポジウムについて、近日中にレポートします。ご期待ください!