MSC(海洋管理協議会)は、持続可能な漁業を推進するという意欲的な取り組みを進めています。


本日は、魚好きのあきらとうや君12歳からの質問からクイズです。

こないだ家族で外食して、カツオのカルパッチョが大好きになりました。
やっぱり、カツオの旬って夏なんですか?
カルパッチョにはほかにどんな魚が使われているんですか?

クイズ:カツオの旬は夏?
    カルパッチョにはカツオのほかにどんな魚が使われているの?

おしえてMSCのM先生!

Katsuwonus Pelamis001

答え:日本近海で獲れるカツオの旬は春と秋。
   カルパッチョに使われるのは、今はいろいろな魚の刺身。

カツオは太平洋に生息する回遊魚です。
日本近海で取れるカツオには、1年に2回、旬があります。
餌を求めて、2月から、黒潮にのって九州南部から北上しはじめます。
これが、初カツオです。
そして親潮とぶつかる三陸海岸沖まで到達して、夏に産卵します。
産卵をしたカツオは再び太平洋に戻ってきます。これが戻りカツオです。
戻りカツオは、9月~10月に三陸沖から南下してきます。

カルパッチョには、日本では現在、赤身も白身もいろいろな魚の刺身が使われています。
もともとイタリアで、カルパッチョは生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノというチーズをかけた料理でした。
これに初めて魚の刺身を使ったのは、イタリア人ではなく、日本人シェフだといわれています。
今では、世界的な魚の刺身ブームの影響で、イタリアでも、魚のカルパッチョがふるまわれています。

カツオには、EPAとDHAが含まれることが有名ですが、IPA(イコサペンタエン酸)も多く含まれています。
IPA(イコサペンタエン酸)は脳内の自律神経を正常に戻すのを助け、夏バテや怒り防止にも効果的といわれています。
いっぱい食べて、夏バテをせず、暑い夏を楽しく過ごしましょう。

MSCのM先生はとっても物知り!
これからも、よい子の質問を受け付けています。

               

MSCに関する詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan

東京都中央区日本橋兜町9-15 兜町住信ビル3階
03-5623-2846
japan@msc.org

               

MSC日本事務所のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB