MSC(海洋管理協議会)は、持続可能な漁業を推進するという意欲的な取り組みを進めています。

今日は、こないだ初めて回らないお寿司屋さんに行ったという、
たどころすわんちゃん9歳からの質問からクイズです。

おじいちゃんとはじめて、回らないおすし屋さんに行きました。
おじいちゃんはマグロの赤身、私はサーモンが大好きです。
どっちも赤いのに、マグロは赤身といいます。
サーモンは赤いのに、赤身じゃないの?


クイズ:サーモン(鮭)は赤身魚、それとも白身魚?

おしえてMSCのM先生!

RS2796_Salmon_iStock_000055577154_Large-scr

こたえ:サーモン(鮭)は白身魚

サーモン(鮭)の身は赤いのですが、実際には白身魚です。
身が赤いのはエサの影響で、サーモン(鮭)が好んで食べるエビやオキアミなどに含まれる
アスタキサンチンという赤色の成分が、白身を赤く染めているのです。
このアスタキンサチンの抗酸化力はとても強く、
お野菜に多く含まれるベータカロテンの約40倍ともいわれています。
サーモン(鮭)を食べると、アスタキサンチンもとれて体にいい!


ちなみに「サーモン」と呼ばれる魚は、
サケ科の中でも、海に出ていって回遊する魚を指します。
一方、川など一か所にとどまり続ける魚は「トラウト」と呼びます。
例をあげると、湖や川に生息するニジマスはレインボートラウトと呼ばれています。


もうすぐ夏休み、サーモン(鮭)のごとく、海に出ていって思い出をつくりましょう。


MSCのM先生は、これからも、よい子の質問を受け付けています。

               

MSCに関する詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan

東京都中央区日本橋兜町9-15 兜町住信ビル3階
03-5623-2846
japan@msc.org

               

MSC日本事務所のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB