DSC_2495

前回
から引き続き、MSCスタッフブログでは西オーストラリアの漁業を紹介します。

本題に入る前に、うれしいニュースがあります!
前回紹介した審査中の漁業のうち、2漁業が認証を取得したのです。

西オーストラリアでは、州政府が約12億円の予算を組み、州内のすべての漁業に対して
MSC認証の審査を受ける機会を提供しました。
2013年より、約50の漁業に対して予備審査が行われ、現在までにほとんどが完了しました。
すでに予備審査が完了した漁業は、その結果に基づき、州政府の予算で本審査に進むことができます。
この制度を利用して、これまでに5つの漁業が本審査に入りました。

これら5つの漁業のうち、最初に本審査に入ったのがエクスマウス湾とシャーク湾のエビ漁業です。
この2つの漁業は、2014年8月に同時に本審査に入り、1年余りの審査を経て、先週10月22日に
MSC認証を取得しました!
(詳しくはこちら

MSC漁業認証が、欧米だけでなく、アジア太平洋地域にも広がってきたことは、私たち
日本事務所としても本当にうれしいことです。
この調子で、持続可能な漁業がどんどん増えてくることを願っています。

<シャーク湾の漁業者代表と、MSCのルパート・ハウズ最高責任者(右から2番目)>
P1040173


    

さて、今回紹介するのは、2015年2月に本審査入りしたボラ漁業です。
場所は、西オーストラリアのマンドゥラという町。
ここに、ピール・ハーベイという入り江があります。
南北10㎞以上にわたって、水深数十センチの浅い海が続き、豊かな生態系を育んでいます。
渡り鳥にとっても貴重な場所で、ラムサール条約にも指定されています。
ピール・ハーベイ河口域

ここは、かつては150人ほどの漁業者が商業漁業を営んでいたそうです。
しかし、現在では商業漁業を営む漁業者は11人しかいません。

原因は、日本のような高齢化や後継者不足ではありません。
水産資源が豊富な西オーストラリアでは漁業はもうからない産業ではありません。
しかし、環境を保全しようという市民の声が強く、漁業に対する風当たりが非常に強いことが、
漁業者が減少していった原因になったそうです。

自然が豊かで、かつ比較的裕福な人々が住む西オーストラリアでは、3人に一人が
レジャーでの釣りを楽しむそうです。
多くの人が、ヨットやボートを所有し、週末には家族や友人と釣りを楽しみます。
(この写真のようなヨットハーバーがあちらこちらにあります!)
Ice cream @ Hillarys-1

そうした週末の遊漁者にとって、商業漁業の漁業者は目の敵なのです。

「漁業者は漁網を使って魚を根こそぎ獲っている」
「商業漁業が魚をたくさん獲るせいで、遊漁者は釣りを楽しむことができない」
という漁業に対するネガティブなイメージが強く、風当たりが非常に強いそうです。

そんな圧力から漁業を守ろうとしている漁業者の一人が、ダミアン・ベルさんです。
ダミアンさんは、MSC認証取得に向けて、漁業者を取りまとめ、遊漁組合と
議論を重ねてきました。

ダミアンさんたちは、ボラ漁業とワタリガニ漁業での認証取得を目指し、
今年2月に本審査に入りました。
ボラ漁業は商業漁業だけですが、ワタリガニ漁業の認証取得グループには遊漁組合にも
参加してもらいました。
そうすることで、認証費用が分担できるだけでなく、遊漁者の漁獲情報が得られ、
より強固な資源管理を行うことができるようになるからです。

9月9日、ダミアンさんの船に乗せてもらうことになりました。

朝8時に船着き場で待ち合わせました。
MSC西オーストラリア事務所のマット・ワトソンと一緒に待ち合わせ場所に向かいます。
天気予報は晴れ。最高気温は30度という予報です。
絶好の漁業日和です。

ダミアンさんは、車の後ろにボートを牽引しながら、少し遅れて到着しました。

長さ6mのボートに、長さ150mの網を積んでいます。
これは、この潟湖で操業する漁業者共通のルールです。
網目の大きさも決まっています。

8時20分に船着き場を出発しました。
偏光グラスのサングラスをかけ、肉眼でボラの群れを探しながら、漁場に向かいます。

「ボラは暖かくなると体がむずむずしてきて、体についた寄生虫を落とすために跳ねる。
どこにいるか、漁師に教えてくれるってわけさ。
まったくばかな魚だよ。」

船着き場をでて20分後、さっそくボラの群れを見つけました。
猛スピードでその群れのところにボートを寄せ、網の先端についた浮きを投げ込みます。
そして、美しいカーブを描きながら、ボラの群れをぐるっと巻きました。

元の場所に戻ると、先ほど投げ込んだブイを拾い、網の一端をボートに括り付けます。
それから、手で網を引っ張ります。
網が近づいてくるとボラは驚いて逃げようとし…網に刺さってしまいます。
(「旋き刺し網」という漁法で、日本にもあるということを帰国後に千葉県の漁師さんに
教えていただきました)

<網を積んで、漁場を目指します。>
DSC_2483

<ボラの群れを探しながら、足で船を操縦します。>
DSC_2507

<網を入れ、ぐるっと巻きました。>
DSC_2487

<網を引っ張ると、ボラが次々と揚がってきます。>
DSC_2541

<お腹のすいたペリカンたちが集まってきました。もちろん、野生です。>
DSC_2575

<とても浅い海なので、網から外れたボラは、飛び込んで手で捕まえます。>
DSC_2559

<クーラーボックスに入れられたボラ。海で獲れるボラなので、臭みがまったくありません。>
DSC_2544

持ってきたクーラーボックスいっぱいにボラを獲りました。
これで、100㎏くらいです。
ダミアンは1日に150㎏から200㎏くらいのボラを獲るそうです。
何度も網を打てばもっとたくさん獲れるのでしょうが、ほどほどにしておきます。
獲りすぎると価格が下がってしまうので、価格が維持できる量に留めておきます。
お客さんから注文があるときは多めに獲り、注文がないときは少なめに獲ります。

このように、価格を維持することが、獲りすぎを防ぎ、資源管理につながっています。

ここのボラ漁業は、いわゆるインプットコントロール(努力量規制)で、漁船の大きさ、
漁業者の数、漁網の幅や長さ、網目の細かさなどによって資源を管理しています。
水揚げ量の規制はありませんが、それでもうまくいっている事例で、日本でも見習えそうです。

さて、1回目の漁獲ではやや足りないので、次の漁場を探しに行きました。

「太陽が出ると水温が上がってボラが跳ねる」
予報が晴れだったのにも関わらず、太陽は雲に覆われてしまいました。
ボラの群れはなかなか見つかりません。

<鏡のようにおだやかで美しい海です。>
DSC_2515

<湾奥の干潟には、ペリカンをはじめ、海鳥が集まっていました。>
DSC_2529

ボラを探して、入り江を探し回りました。
海草がスクリューにからみつき、外さなければならない場面も何度もありました。
ダミアンのいらいらが伝わってきて、乗せてもらっているマットも私も、早くボラが獲れることを
祈るばかりです。

1時間後、ようやくボラの群れが見つかりました。
ダミアンは、網を投げ入れ、ボートで円く弧を描いていきます。

<ようやく2回目の網を入れました。>
DSC_2530

<網にかかったボラを外します。>
DSC_2533

<1回目よりも大漁です!>
DSC_2534

<たくさん獲れたので上機嫌のダミアン。>
DSC_2573

<最後は、網で小さく囲い、水面をばしゃばしゃ叩いてボラを網に誘い込みます。>
DSC_2588

<外しきれないので、網にかかったまま船着き場に戻ります>
DSC_2545

<ガッツポーズ!マット(左)とダミアン(右)>
DSC_2633

帰りは速度を上げ、大急ぎで船着き場に戻ります。
途中、漁業省の調査船や、仲間の漁師さんと会い、ちょっと立ち話。

<ワタリガニの資源調査をする漁業省の研究員たち。楽しそうです>
DSC_2666

<「どうだい?」「大漁だぞ!」「こっちは全然だー」>
DSC_2668

<11時半に船着き場に戻りました>
DSC_2672

<ボートを牽引しながら、別荘地のような住宅地を行くダミアン>
DSC_2678-1

自宅に併設された作業場で網にかかったボラを外しながら、ダミアンが
MSC認証にかける思いを語ってくれました。
私も、作業を手伝いながら話を聞きます。

DSC_2681

「おれたちはまず漁業を守らなくちゃいけない。
プロモーションも大事だけど、漁業を守るのが先だ。

ここの人たちはみんな漁業は環境に悪いと思っている。
網を使う漁業は、魚を一網打尽にして、海底環境を破壊していると思っている。

でも、おれたちの漁業はそんなんじゃないんだ。
おれたちは、おれたちの漁業がサステナブルだってことを示さなきゃならない。

そのためには、第三者による認証が絶対に必要だ。
おれたちの漁業がサステナブルだってことを示す唯一の手段がMSC認証だ。
MSC認証を取れば、誰も文句を言わなくなる。
だからおれはMSC認証を取りたいんだ。」

漁業を守りたいというダミアンの熱い気持ちが伝わってきました。
世界にはたくさんの漁業があり、それぞれが個別の問題を抱えています。
その問題の解決策としてMSC認証が選ばれたことを、とてもうれしく思います。

ダミアンたちのボラ漁業がMSC認証を取得し、持続可能な漁業として地域に認められることを
切に願います。

日本でも、漁業の抱えるさまざまな具体的な問題に対し、解決策を提供していけるよう、
がんばりたいと思います。

               

MSCに関する詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan

東京都中央区日本橋兜町9-15 兜町住信ビル3階
03-5623-2846
japan@msc.org

               

MSC日本事務所のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB