インド洋の真珠と呼ばれるモルディブ共和国。

エメラルドグリーンのサンゴ礁に囲まれたリゾートで有名なモルディブですが、
じつはMSCとも深い関係があるのです。

今回は、そんなモルディブの話をしたいと思います。

maldves


     

みなさんは、モルディブがどこにあるのか、すぐに分かりますか?

モルディブは、インド洋の真ん中、インドの南端から600㎞ほど南西に位置しています。

日本からは直線距離で約7600㎞。
(日本-ハワイよりも遠く、日本-カスピ海、日本-オーストラリアとほぼ同じ)
直行便はなく、日本からインドかスリランカに行き、飛行機を乗り継ぎます。

約1200もの島々からなり、約35万人の人々が、約200の有人島に住んでいます。

南北に並ぶたくさんの島々の中には、赤道よりも南に位置する島もあります。
飛行機に乗ってその島に行くときは、「ただいま赤道を通過しました」というアナウンスが入るそうです。

maldivesmap

サンゴ礁でできた島なので、とても平坦で、一番高いところでも海抜2.4mしかありません。
地球温暖化によって国土が沈んでしまう危険性をはらんだ国でもあります。

大陸から遠く離れた島々なので、当然、漁業がさかんです。
そして、人々も水産資源に大きく依存した生活をしています。

下の図は、一人当たりの1年間の水産物の消費量を国別に示したものですが、
魚をよく食べると言われている日本人の、なんと3倍もの魚を食べていることがわかります(!!)

モルディブではカツオを乾燥させた「モルディブ・フィッシュ」という食べ物が、料理には欠かせません。
このモルディブ・フィッシュが、海のシルクロードを通って日本に伝わり、鰹節になったという説があります。
こんなに遠く離れたモルディブから鰹節が伝わったなんて、不思議な縁を感じますね。

一人あたりの水産物消費量-1


ところで、リゾートをはじめとする観光業が国の基幹産業で、ダイビング客が多く訪れるモルディブでは、サンゴ礁を守るため、漁網を使った漁業は一切禁止されているそうです。

その代わり、漁師さんたちは、一本釣りでカツオやマグロを獲っています。

じつはこの一本釣り、日本から伝わったという説があるんです。
逆に、日本の一本釣りがモルディブから伝わったという説もあります。

どちらが本当なのか、証明するのは難しいですが、カツオ節だけでなく、一本釣りのご縁もあるなんて、ますます親近感が湧いてしまいます。

その一本釣りは、魚を一本一本釣り上げるために、混獲が少なく、環境にやさしい漁法だと言われています。
ヨーロッパでは、レストランのメニューに「一本釣りのツナ」とわざわざ書かれているくらいです。

このカツオの一本釣り漁業が「持続可能」であると認められ、モルディブは2012年11月にMSC認証を取得しました。
2014年12月には、キハダマグロの一本釣りも認証に加わりました。
 

MSC-Maldives-0852
                        é Nice and Serious / MSC


MSC認証の取得は、モルディブという島国を、欧米という新たな市場と結びつけました。

先述したとおり、欧米では、一本釣りの魚は環境に配慮しているという認識が一般的に高く、とくにMSC認証を取得後は、欧米向けのカツオの輸出が急増しているそうです。

下は、イギリスのSainsberry'sというスーパーマーケットで購入したモルディブのカツオを使ったツナ缶。
フタには「一本釣り」の表示、横にはMSC認証の「海のエコラベル」が表示されています。

IMG_3639

モルディブは非常な親日国でもあります。
東日本大震災の際には、60万個ものツナ缶を、東北に届けてくれました。
モルディブの人たちは決して豊かではありませんが、一人一人が「日本に届けて」と缶詰を持ち寄ったそうです。

MSC日本事務所では、先日、モルディブ大使館を表敬訪問してきました。
アハメド カリール駐日大使は、「持続可能で美味しいモルディブのカツオ・マグロをぜひ日本でも食べてもらいたい!」とおっしゃっていました。

IMG_3560
           カリール大使(中央)と、MSC日本事務所代表の石井(右)、漁業担当の鈴木(左)

MSCの厳格な基準を通過したモルディブの一本釣り漁業。
この漁業で獲れたカツオやマグロを使った製品が日本にも並ぶ日が早く来るといいな!と思います。

MSC-Maldives-0903


    

今回のブログを書くきっかけになったのは、先月、都内で行われた『モルディブカレー&初鰹を食べ尽くす会~モルディブと高知が出会ったぜよ!カツオ外交の夜明け~』というイベントでした。http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_150329204860_1.htm
缶詰博士 黒川勇人さんらの出演で、モルディブや高知の紹介があり、モルディブのカレーや、カツオのお刺身が振る舞われました。
MSC認証の紹介もしていただきました。ありがとうございました!

IMG_3343

    

モルディブ共和国大使館は、5月26日~29日に行われる「地球温暖化防止展」に出展中です。
詳しくはコチラ
top_img02


               

MSCに関する詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan

東京都中央区日本橋兜町9-15 兜町住信ビル3階
03-5623-2846
japan@msc.org

               

MSC日本事務所のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB