(京都のアカガレイ漁業(2)に戻る)


資源管理に取り組み、日本で最初にMSC認証を取得した京都のアカガレイ。

京都府漁協では、このアカガレイの新しい食べ方を提案しています。

それは、「幻の味」といわれるアカガレイのお刺身です。

アカガレイお刺身


従来では、アカガレイはもっぱら煮付け用の魚として流通してきました。
鮮度落ちの早いアカガレイは、刺身には向かないというのが常識だったのです。

じつは、アカガレイの刺身は、本当に新鮮なアカガレイを得られる、
漁師さんたちだけが、船の上で食べるご馳走だったと言います。

今シーズンから、京都府機船底曳網漁業連合会では、アカガレイは活きたまま水揚げするようになりました。
水揚げされたアカガレイは、京都府漁協の活魚槽で活かしておきます。
そして、お客様の注文に応じて活締めをし、お刺身用として非常に鮮度の高い状態で納品できるようになりました。

RIMG1502

そして、このMSCアカガレイをPRするため、先月、イオン桂川店で、京都女子大・イオン・MSCの連携によるPRイベントが行われました。

京都女子大では、2013年より、出井豊二教授の指導のもと、イオン、MSCと提携して、
イオンが販売しているMSC認証製品をプロモーションするポスターやポップを作成しています。

そして、先月、イオンの桂川店で行われた、アカガレイのプロモーションイベントでは、
学生のみなさんも店頭で販売応援をしてくださいました。

京都府の「まゆまろ」と、舞鶴市の「チョキまる」も応援に駆け付けてくれました!
京都イベントー1

お店に並べられたアカガレイは、約200匹!
でも、学生のみなさんのがんばりで、ほぼ完売することができました。
京都イベントー3

京都イベントー2

イベントに参加した京都女子大の学生さんからは、
「日本でたった2つの認証のうちのひとつが、自分が住んでいる京都にあることを誇りに思います。」
「イベントを通して学んだ知識を今後も周りに発信し、意識して食品を選択することで、京都の漁業、また持続可能な漁業に協力したいと思います。」

「アカガレイを買ってくださったお客様が、魚の捕り方や食品選びについて、ご家庭で少しでも話題にしてくださっていたら幸いです。」
という感想・コメントをいただきました。 


P3140171

京都女子大のみなさん、ありがとうございました!!


京都のアカガレイ漁業(1)に戻る
京都のアカガレイ漁業(2)に戻る

               

MSCに関する詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
MSC日本事務所サイト:http://www.msc.org/
Facebook: https://www.facebook.com/MSCJapan

東京都中央区日本橋兜町9-15 兜町住信ビル3階
03-5623-2846
japan@msc.org

               

MSC日本事務所のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。
https://www.facebook.com/MSCJapan 
FB